地域別 専門家マッチングサイト My-Adviser.jp

南関東(13)エリア

東京都 千葉県 埼玉神奈川県
前ページ 次ページ

テーマ   〔相続〕  

  葬儀っていくらかかるの?

060815

葬儀費用?一体どの位かかることやら・・・私の両親も健在であまり知識はないのですが、ここはきちんと調べておいて、損をしないようにしておかないと。というのも、葬儀の業界、まだまだいわゆるぼったくりの業者も多いということで注意が必要です。

とりあえず、相場はどの位なのかと調べてみると全国平均で236.6万円!(日本消費者協会 第7回「葬儀についてのアンケート調査」より 以下同じ)ちょっとびっくりです。これではうかうか死んでもいられません。内訳を見てみると、葬儀一式150.4万円、寺院の費用48.6万円、飲食接待費用38.6万円となっています。

葬儀一式には、祭壇(ぴんきりです)、式場使用料(公共の式場を使うと安いです)、棺おけ、ドライアイス、寝台車、火葬料金、事務手続きの代行料などが含まれます。

寺院の費用はお経、戒名料です。そもそも、これはお布施ですから相場というのはおかしなことですが、平均として考えると、お経がお通夜と告別式で20万円程度、戒名料が残りということになりますでしょうか?戒名料も字数が多くなると高くなります。中には100万円以上請求されるケースもありますが、あくまでもお布施です。

飲食接待費用は通夜や葬儀後の飲食の費用や会葬お礼品などの費用ですので、参列者が多いほど高くなります。

地域によってもかなり格差があって山梨、長野、岐阜、愛知、静岡が入っている中部Bという地域の平均はなんと378.9万円です!501万円以上の葬儀も7.6%もあるというから、驚きです。盛大で、たくさんの人が来るからでしょうか?

葬儀の形態も変わりつつあります。最近では身内だけで通夜、告別式をする家族葬なるものが増えているということですが、この形態であれば、ずっとお安くできそうです。葬儀一式と飲食接待費用で50万円程度からできそうです。

生前からどんな葬儀にするか家族と話をしておけば納得できる、自分らしい、中身のあるものになるのではないでしょうか?「よーし、それじゃ親と話をして、葬儀費用を節約するぞー!」と子供の口から言えないのも辛いところです。


赤坂 慎二

このページの先頭へ

テーマ   〔相続〕 

  葬儀、ところ変われば・・・

060808

私の田舎は宮城県のとある田園風景の広がる小さな町です。祖父、祖母も、もうずいぶん前に亡くなりましたが、祖父と祖母の葬儀は御近所の方々がすべて取り仕切ってくれるという形で行われ葬儀屋さんはいなかったようです。

一番印象に残っているのは葬儀前後には動物性のものは食べてはいけないということでした。野菜のおわんにお漬物、おひたしと育ち盛りの私にはちょっときつかった思い出です。

母親にその地域での葬儀の話を聞くと、親戚は白装束で額には三角形の布をつけ、大きな数珠のようなものをみんなで回しながら故人を偲ぶ歌を歌ったということです。また、泣き女なるものがいて、大泣きしながら葬儀を盛り上げる?ことも行われていたようです。

もともと、葬儀というのは、部落での儀式という意味合いが強かったと思われますので、
その名残りで、私の田舎のようにご近所の方々が取り仕切ってくださったり、その地域での特性が強く出たりするような気がします。

その他の地域でも、知り合いの人の話だと奄美地方では亡くなったら土葬にして、数年経ったら掘り起こして骨を磨くという風習が残っているというし、原野で荼毘に付す地域もあるということです。

それから地域特性かどうかはわかりませんが、赤ちゃんがおなかにいる夫婦は葬儀に出てはいけないとか、火葬しているときに出たお菓子は持って帰ってはいけないとか、いろいろな決まりごとがあるようで、どれがどこの風習で、どんな意味があるかは定かではありません。

このように地域の特性が強く出る葬儀ですが、最近は徐々に、画一化され、儀礼的になり、葬儀の地域特性が薄れていっているような気がします。さらに最近では、その画一化された葬儀を、自分らしいものにしたいと思う人が増えているようです。私も自分の葬儀は家族と本当に親しかった人だけで、好きだったあの曲を聞きながら・・・なんて思ってみたりしています。

昨年、義理の父が亡くなり都内で葬儀が行われましたが、今の葬儀には、じっくりと故人に感謝し、その生き様を考える機会がないような気がしました。大切なことを忘れていないか、田舎でのその風習にその答えがありそうな気がします。


赤坂 慎二

このページの先頭へ

テーマ   〔相続〕  

  相続税、どうやって計算するの?

060801

前回は相続財産の評価額の合計が基礎控除額を超えると相続税が発生するというというところまでやりましたが、その後どうやって相続税を計算するのか具体的に見ていきたいと思います。

@相続財産(生命保険金、死亡退職金、3年以内の贈与財産を含む)から借入金等の債務、葬式費用を差し引いて課税価格を計算します。財産は時価で評価しますが例えば土地については路線価をもとに、または固定資産税評価額に一定倍率をかけて計算します。(路線価、倍率は国税庁のホームページで見ることができます) 

A課税価格から基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)を差し引いて課税遺産総額を計算します。

B各相続人ごとに、課税遺産総額×各相続人の法定相続分×税率 を計算して、それらを合計して相続税の総額を計算します。

C相続税の総額×各人が実際に相続した課税価格/課税価格 を計算して各相続人の納付税額を計算します。

以上のように、簡単に相続税計算の流れを見てきましたが、実際には、いろいろな特例等がありますので税金をできるだけ節約できるようにしたいものです。そこで、今回はそのような特例などで一般的なものをご紹介したいと思います。

配偶者の税額軽減
配偶者が受け取った財産が法定相続分以下、または1億6千万円までなら配偶者については相続税はかかりません。遺産分割時には留意したいところです。

小規模宅地の評価減
被相続人等の事業用地または居住用地については一定面積について50%または80%評価減する特例です。きちんと適用できるかどうかチェックしておきましょう!

生命保険金、退職金の非課税
生命保険金、退職金それぞれについて非課税枠(500万円×法定相続人の数)がありますので、有効活用しましょう!その他、生命保険は納税資金や遺産分割の資金を準備するためにも有効です。

相続税の非課税財産
墓地、墓石、仏壇等は非課税ですので生前に購入するとお徳です。

この他にも、いろいろな特例や、評価方法がありますので相続税対策、申告をする場合には税理士にご相談されることをお勧めします。


赤坂 慎二

このページの先頭へ

テーマ   〔相続〕  

  相続税、申告が必要な人って・・・

060725

人はみな誰もが最後には死んでしまうという悲しい運命を持っています。日本では1年間に約100万人もの人があの世へ旅立っているのです。死ぬまでにこの世に何かを残さなくては、そう思う今日この頃です。

ところで、人が死んでしまう、つまり相続が発生すると、葬儀のこと、遺産分けのこと、相続税のことなど、いろいろと大変なことが目白押しです。きちんと対処しておかないと後々つけが!?なんてこともあるかもしれませんので気をつけましょう!

そこで、今回はその大変なことのうち相続税について考えてみたいと思います。この一生に何度も支払うことのない税金ですが、実は、誰にでもかかるものではないのです。相続税が発生した相続は平成15年には44,438人。(国税庁 相続税の課税状況より)1年間で死んでしまう人の数100万人で割ると約4.5%の相続で税金が発生していることになります。

こうして見てみると、いわゆるお金持ちの人にしかかからない税金だということがわかります。ちょっと一安心の人も多いのではないでしょうか?ときどき、税金の相談会などで「生命保険金を2,000万円ももらったので、相続税が心配!」とか、そんな話を聞くことがありますが、「税金はかかりませんよ」というと大喜びして帰っていく人もいます。

それではどうしてそうなるのでしょう?実は、相続税には基礎控除というものがあって、相続財産の評価額の合計が基礎控除額を超えなければ税金は発生しないのです。その基礎控除額は「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」で計算されます。例えば奥さんと子ども2人の場合には法定相続人は3人になりますので、計算すると基礎控除額は8,000万円になります。

「あー良かった、そんなに財産ないから相続税のことは考えなくていいな」と思われた方は良いのですが、そうではない方は相続税についてもう少し、勉強する必要がありますので次回は相続税はどのようにして計算するのかということについて簡単にまとめてみたいと思います。


赤坂 慎二

このページの先頭へ

copyright yu-eki-FP-OFFICE all right reserverd. 2006 (国土地理院149号)